料理人が転職する際は飲食業特化型のエージェントの利用がおすすめ!

公開日:2022/03/15

「現職の待遇に納得いかない」「飲食や外食業界で自分のスキルを高めたい」「料理人という専門職で納得できる転職先を見つけられるのか」といった不安や悩みはありませんか。そんな不安をサポートしてくれるのが転職エージェントであり、さらに飲食業専門のエージェントです。今回は飲食業専門のエージェントを利用するポイントを紹介します。

料理人が飲食業特化型のエージェントを利用して転職するメリット

幅広い職種を扱う総合型転職エージェントと比較し、料理人が飲食業特化型エージェントを利用して転職を行った方がよい理由を紹介します。

飲食業界をよく知るキャリアアドバイザーが味方に

総合型転職エージェントと違い、調理スタッフから厨房責任者、店舗支配人といった飲食業界ならではの求人を、飲食業特化型エージェントは多数抱えています。飲食業界は他業界と異なる商流もがあり、職種も勤務日時も多種多様におよび、業界に深い造詣がないと、転職希望者のニーズに沿ったコンサルティングを行うことが難しくなっています。

アドバイザーなど専門スタッフの多くは、実際に飲食業界内で働いた経験があり、業界のことをよく知っています。総合型転職エージェントのキャリアドバイザーに比べ、知識と経験に裏打ちされた確度の高い情報に基づき、転職活動をサポートしてもらえます。

日本人はもちろん外国人料理人の転職活動支援も充実

コロナウイルスなどの感染拡大により、現在は観光客やビジネスパーソンの来日が減っていますが、訪日外国人をターゲットとした飲食店も多数存在します。英語に限らず中国語や韓国語などバイリンガル、トリリンガルな人材が飲食業界で重宝されつつあります。したがって飲食業特化型のエージェントを利用することで、経験者はもちろん未経験者でも語学力があることで活躍の機会を手にできる可能性が高まります

料理人が飲食業特化型のエージェントを利用して転職するデメリット

メリットもあればデメリットもあるのが世の常。ここでは、料理人が飲食業特化型のエージェントを利用して転職するデメリットを3つご紹介します。

飲食業界以外の転職フォローは皆無

当たり前ですが、飲食業特化型エージェントのキャリアアドバイザーが抱える案件は飲食業が中心です。言い換えると、飲食業以外の求人案件はほぼ皆無ということです。飲食業界一本で転職活動を進める分には問題ありませんが、飲食業界を中心に他の業界も興味がある人は、総合型転職エージェントを利用した方がよいでしょう。

転職希望時期や希望勤務地により求人の量と質にバラつき

全国展開している飲食チェーンから個人経営の飲食店まで求人があり、時期やお住まいの地域によって求人数にバラつきが出ることがあります。就労を希望する地域によっては個人の飲食店の求人ばかり、チェーン店の求人ばかりといったことも多々あります。

また、求職者のニーズを無視し、限定された地域の求人案件を押し付け、自分の実績を残そうとするアドバイザーもいるため、求人の質量ともにピンからキリまであるのが現状です。

日本語が非母国語の転職希望者の支援が希薄

飲食業特化型エージェントの中には、在留資格やビザ申請など外国人サポートが弱いところもあります。提供サービスをすべて日本語でしか提供していないエージェントもあるので、日本語の読み書き、日本語を話すことが苦手な外国人は転職活動に苦労する可能性があります。

飲食業界特化型の転職エージェントを利用する際の注意点

上記で紹介したメリット・デメリットを踏まえ、ここでは飲食業界特化型の転職エージェントを利用するときのポイント(注意点)を整理していきます。

希望勤務地の求人を扱っているか

エージェントにより、全国の飲食業界求人を抱えていると謳っているところから、首都圏のみ、四国九州沖縄を除く地域の求人を抱えているといった具合に、転職サポートが可能な地域が異なります。希望勤務地を定めたうえで、どの転職エージェントを利用するか決める必要があります。

エージェントの強みを確認したうえで登録

飲食業界特化型の転職エージェントと一言でいっても、各社強みが異なります。求人数が業界No.1のエージェントから、エージェント利用満足度No.1のエージェント、未経験者に特化したエージェントなど、各エージェント特徴があります。求職者の経歴やスキルなどを踏まえたうえでエージェントに登録することが、転職活動の成功につながります。

複数のエージェントに登録する

上記で「自分にあったエージェントを見つけることが転職成功へのカギ」と述べましたが、いきなり見つけるのは至難の業。そこで自分に合いそうなエージェントを複数登録し、担当のキャリアアドバイザーと実際に話してみて、そのエージェントを利用するしないを決めるのが一つの解決策となります。いくら自分の条件にあったエージェントでも、担当のキャリアアドバイザーと合わなければ苦痛です。

 

いかがでしたでしょうか。上記で取り上げた料理人が転職活動をするうえで、飲食業特化型のエージェントを利用するかどうかさまざまな観点からまとめてみたので、今後の転職活動に活かしていただけたら幸いです。

【京都府】飲食業専門転職エージェントランキング

イメージ2
3
4
5
会社名リクルートエージェントエブリワーククックビズコトコト
特徴日本最大級の求人件数と効率的な転職のための独自サポート機能が充実配ぜんに特化した紹介会社で実績は60年以上。未経験でも安心の研修あり3万件以上の求人情報量と現場を知るアドバイザーが転職をサポート。京都に特化した転職支援サービスで、利用満足度1位の獲得実績もあり
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【京都府】飲食業専門転職エージェントランキング!