初めて使う方必見!転職エージェントの上手な活用方法について学ぼう

公開日:2022/03/01

飲食のスペシャリストが転職をするなら、まずはエージェントを頼りたいものですが、どのように活用したらよいか分からない方がほとんどでしょう。ここでは転職エージェントの利用手順や活用方法、NG行為について説明しています。これに目を通すことで、より有効にエージェントを利用でき、転職の成功により近づくことでしょう。

転職エージェントの利用手順

利用手順はどこも大抵同じですが、転職エージェントはすべて同じではありません。企業としての体質も異なれば、担当者との相性も異なります。よいエージェントとの出会いは、転職に成功する第一歩です。

エージェントへの登録

飲食のスペシャリストもしくはスペシャリストを志望する方なら、飲食に強いエージェントを選びましょう。このHPに掲載されているところを中心に複数をピックアップし、エージェントのHPにあるフォームにしたがって、必要事項を入力していきましょう。

エージェントとの面談

登録が完了するとエージェントからメールや電話で連絡がありますから、日時を調整してエージェントとの面談に進んでください。面談での注意点は、よそ行きの受け答えは避けること。「ぶっちゃけ」すぎるのもいかがなものかとは思いますが、職種はもちろん給与、休日、雇用・勤務形態など、ストレートに希望を伝えましょう。あわせて「新しい職場でどうなりたいか?」など、将来の展望も伝えましょう。Webや電話で面談可能というエージェントも増えています。

求人紹介・応募書類の作成

面談の結果を受けて、エージェントはいくつかの求人を紹介してくれますが、希望とのずれが大きい場合は、遠慮せずに別の求人の紹介を依頼してください。同時に進めるのは、履歴書や職務経歴書といった応募書類の作成です。企業の選考に通るためのノウハウはエージェントが持っていますから、添削を受けながら書類を作っていきましょう

企業への応募・エージェントとの面接対策

これ!という求人が見つかり、納得がいく応募書類ができたなら、求人に応募します。担当者が面接の対策を行ってくれますから、身だしなみを整え、想定される質問に備えましょう。模擬面接をこなすことで、本番での緊張もずいぶんやわらぐはずです。

面接・内定・入社

実際の企業との面接では、担当者に聞いていたものと異なる条件を出されるなど、その場では聞きにくい話もされるかもしれません。そんな場合は面接後、エージェントに伝えて、企業とのすり合わせを依頼しましょう。また給与や入社日についての交渉も、エージェントを通じてならスムーズかもしれません。また中には、入社後もヒアリングなどでフォローしてくれるエージェントもあるでしょう。

転職エージェントの上手な活用方法

担当者が加わることで新しい職場が見つかる以外にも、メリットがあるのがエージェントの活用です。条件のよい職場を紹介してもらったり、選考を有利に進められたりするだけでなく、うまく活用することで人間的な成長もねらうことができるのです。

ビジョンの具体化も手伝ってもらおう

担当者との面談を通じて、自分が新しい職場に求めていることや、将来のなりたい自分などに気づかされることでしょう。ビジョンを固めておくことは、間違いなく人生においてプラスです。条件のよい職場を見つけることだけが、転職エージェントの活用ではありません。ご自身の将来設計を固めるのにも、エージェントは使えます。

自己アピールの仕方を学ぼう

応募書類の作成や模擬面接は、自分をアピールする練習になります。自己アピールの上手さが役立つのは、転職の機会だけではありません。新しい職場などで人間関係を築くのにも有効です。模擬面接を受けた後は必ずフィードバックをもらい、ご自身の成長に役立てましょう

転職エージェント利用時のNG行動

以上のようにメリットが大きい転職エージェントの利用ですが、利用する上でNGとされている行動もあるものです。大まかにいうなら「社会人としての基本を守る」ということですが、以下の3つにはとくに気を付けてください。

経歴をいつわる

転職を考えている方だけでなく、エージェントにとっても不利益となるのが嘘の経歴です。転職者は経歴詐称となりますから、採用されても懲戒解雇の対象となりますし、エージェントにとっては信用問題です。適職を見つけるのに、大きな手掛かりになるのは経歴です。経歴詐称により、本来ならマッチするであろう職場を紹介してもらえないのでは、エージェントを使っている意味がありません。

音信不通になる

急に都合が悪くなったりすることは、誰にでも起こり得ることですから、必ず連絡は入れましょう。連絡が途絶えたりするのは、多くの方に迷惑をかける行為です。他のエージェントで転職が決まった場合も、お世話になった担当者にはその旨一報を入れましょう。

同じ求人に複数のエージェントから応募する

転職に複数のエージェントを使うことは、積極的におすすめしたいことですが、複数のエージェントから同一の企業に応募することはやめましょう。エージェント間のもめごとになりますし、企業とエージェントの信用問題にも発展してしまいます。

 

転職活動の成功は、エージェント選びにかかっています。よい担当者とであうことで、よい職場を紹介してもらえるだけでなく、自己成長まで期待できるのです。そこでおすすめしたいのが、複数のエージェントを利用すること。このHPに掲載されているところを中心に、いくつかに登録してみましょう。

【京都府】飲食業専門転職エージェントランキング

イメージ2
3
4
5
会社名リクルートエージェントエブリワーククックビズコトコト
特徴日本最大級の求人件数と効率的な転職のための独自サポート機能が充実配ぜんに特化した紹介会社で実績は60年以上。未経験でも安心の研修あり3万件以上の求人情報量と現場を知るアドバイザーが転職をサポート。京都に特化した転職支援サービスで、利用満足度1位の獲得実績もあり
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【京都府】飲食業専門転職エージェントランキング!